いのちのキセキ~元精神科看護師の実話に基づく人生を無限大に面白くするいのちのしくみ~

この物語は、人生に絶望し世界も自分も消えてなくなれと願っていた数年前の私が、自分の人生を通して、人生やいのちのしくみに気付き、人と幸せとは何かを追求し、揺るぎない幸せを育んでいくノンフィクションストーリーです。できれば、最初からお読みいただいたほうが内容が伝わり易いと思います。

カテゴリ: ☆ごあいさつ・お知らせ・雑談☆

この物語はノンフィクションストーリーです
どこから読もうと読んでくださる方のご自由ですが
できればはじめからお読みいただいた方が
ストーリーが伝わり易いと思います('ω'*)♪


全体の目次はこちら

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜

自叙伝ブログではご無沙汰しております

 

 

さん☆おとぴです。

 

 

普段はこちらでブログを書いています

 

さん☆おとぴ presents いのちのしくみ ~いのちを生きる~

 

この自叙伝ブログは完結したつもりでしたが

どうやら、ここからが本題とも言えるほど

いのちの深みに入って行きます

 

 

2012年のアセンション前では語ることができなかった

深いテーマ

 

人の世の恐怖

 

なぜ人は傷つけ合うのか

 

どうして、現在のカオスな世界ができあがったのか

 

本当の意味で、人が幸せに生きるためには

どうすればいいのか

 

 

そういった深いテーマを語って行きます

 

このテーマはあまりに恐すぎて

わたしもなかなか続きが書けずにいました

 

 

やっと時が来たように思うので

少しずつでもアップしていけたらと思っています

 

 

シン章の最初は、幼馴染の事件について書いてあります

 

 

そもそも、こんなことを書いていいのか

迷いもありますが

このままではいけないという思いからアップします

 

 

色々と得た情報のどこをはしょっていいか分からないので

そのまま載せるので、

ダラダラと書いてある印象があるかもしれませんが

詳しく書いた方が

よりこの世界の不自然さも伝わるかなとも思いますので

ご了承ください

 

 

 

では、ここから

 

シンいのちのキセキの始まりです

 


はじめましての方 はじめまして

旧自叙伝ブログやメインのブログを
ご覧になってくださっている方
いつもありがとうございます(o^ ^o)


さん☆おとぴです

いまは愛する夫と幸せに暮らす
ぐーたら主婦です(・∀・)





ふだんはこちらのブログを書いています

さん☆おとぴ presents いのちのしくみ ~いのちを生きる~



私の人生は、まるでパズルのピースをはめるように
色々な出来事が分かりやすく起こるので
これはいつか人に伝えるために、色んな経験をしているんじゃないか
漠然とそう思っていました。


もちろん第一は自分のために経験しているんですが
その経験が自分自身の喜びであると同時に
他の人のためにもなるんじゃないか
いつか私の経験をまとめて本にしたい
それが私のひとつの夢でした(・∀・)


ほぼ書きあげた
いまとなっては、本になるならないは
あまり重要視していません
私が私の人生を誇りに想い、
私の人生を宝物に思える、その証のようなものです。


この自分自身が何よりも愛おしく想えるこの気持ち
これが私にとっての宝物です


人生の中で他にもたくさん宝物を見つけました。

自分自身だけでなくて心から愛する人に出会えたこと

生まれ育った家族を心から愛おしく想えるようになったこと

人は人を想う故に、人と共に生きる

誰かが誰かを想う気持ち
これは人生における大きな宝のひとつだと思います

この想いを経験できただけでも
本当に生まれてきた良かったって
嬉しくて涙がでるほどです


本当に気持ちは宝物だと思います。


昔は生きる意味が分からなくて
消えてなくなりたいって、いつも思っていたのが
嘘のように幸せな毎日です


想えば、数年前の私は
生きる意味が分からなくて、苦しんでいました


神がいるならば、人が生きる意味を教えてほしい

幸せがなんなのか知りたい


まるでその願いを自らが叶えるように
私は私に人生の中で人が生きる意味や、
幸せとはいう答えを見つけていきます


 私が問い続けた答えが、すべてこの自叙伝にあります。

自叙伝をブログにアップするのは
これで3度目です


去年の2月から缶詰状態で書き続けていたました。
3月にはほぼできあがって、いったんアメブロにアップしましたが
幼馴染の事件の情報が新たに入ってくるなど
状況が変わりましたし
それ以外も全体的に修正・加筆を加えてくわえて
去年の夏に再度、gooブログにアップしました。


そしてさらに修正・加筆を繰り返して
再度アメブロにアップさせていただきます


もちろん実話なのでエピソードは変わりませんが
新たに思い出したことや解釈が変わったことなど大幅に修正してあります。


全部で本2~3冊分ぐらいの量がありますので
ご興味のある方はお時間のある時にお読みください



どうぞよろしくお願いいたします

 
赤ちゃんの時のわたし









↑このページのトップヘ