この物語はノンフィクションストーリーです
どこから読もうと読んでくださる方のご自由ですが
できればはじめからお読みいただいた方が
ストーリーが伝わり易いと思います('ω'*)♪


全体の目次は
こちら

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜

 

2013月4月16日付のmixiの日記より一部再録

 

しばらく茫然自失といった状態で過ごしていたが、

この間、見聞きしたことを自叙伝に書くことを決めて、

頭の中の整理のためにmixiの日記に覚書として書いた。

 

 

そうしたら自分の中でモヤモヤとしていた感情が整理されたためか、

急に幼馴染の弁護士さんと連絡をとってみようと思い始めた。

 

 

それまでは、もう裁判も終わったことだし

今さら連絡をとっても仕方ないかも…、

役に立つ情報か分からないしという思いがあって躊躇していた。

 

 

恐らく、事件から3年半も経ったのに、急に色々な話を聞いたのは、

私が自叙伝にそのことを書いたことで記憶の整理ができたからだと思う。

 

 

今までは聞きたくなくて、自分でシャットアウトしていたのかも知れない。

 

 

私自身、幼馴染の事件は深い傷になっていて、

今回、自叙伝を書くことで色々と癒しが起こって

自然と浮上してきたんだと思う。

 

 

一応、説明をしておくが、人生にはタイミングがあって、

それぞれの人にとって最適なタイミングで物事が起こる。

 

 

別に自分をかばうわけではなくて、

私にとって、今が最適だったわけで

私一人が事件の解明を滞らせていたわけではないと思う。

 

 

申し訳ないが、両親から、当日の話を聞こうという発想が

全くなかったので、いきなり、春分の日にその話を聞いて

本当にびっくりして、しばらく放心状態だった。

 

 

思えばハードな職場にいて、犯罪者を見慣れていた私でも

これほどショックだったので周りの人はもっとショックだったと思う。

 

 

両親なりに、トラウマになっていて話したくなかったのかもしれないが、

時間が経ったことと、

更地になったことで少しは気が軽くなったのかもしれない。

 

 

本当にこの世はよくできていて、それぞれの人にとって、

必要なことが、必要なタイミングで起こる。

 

 

刑務所に入っている幼馴染を思うと、

もっと早くに気がつけば良かったと後悔することも多々あるけど、

今がタイミングであるならば、仕方ない。

 

 

人生がドラマだという視点でみてもらうとよく分かると思うが、

どうやらより困難であることを成し遂げたり、

最初から何もかも上手くいくよりも遠回りして辿り着いたほうが

人生の演出的に盛り上がるらしい。

 

 

切ないけど、幼馴染にとっても今がタイミングなのかも知れない…。

 

 

特にアセンション前の前時代においてはその傾向が強かった。

 

 

今は前時代からの移行における混乱の時期で、

前時代の癖が残っているので、その修正して方向転換することと、

後片付けが必要な時期であるから仕方ないのかも知れない。

 

 

私も前時代のドラマにはさんざん振り回された。

 

 

あとから振り返れば、それで良かったし、

タイミングも万全であったから面白いし、

苦しかった分、必ず幸せになれるチャンスがあるし、

私はそうして揺るぎない幸せを築いてきた。

 

 

すべては生まれる前から、

今まで生きて来たその人の選択だから、人がどうこうはできない。